Usage Term of Iron Fire Pit

3 generations use

Iron Fire Pit は”長年の使用に耐える”ということを1番の目標にして設計されました。日本では「だめになったら買い換えれば良い」と言うモノに対する考え方が長年当たり前とされてきています。これに対して欧米では「修理しながら何世代にも渡って引き継ぐ」という考え方が当たり前となっています。私達 Norman Genuine Products では、後者の欧米的考え方の元、

“3世代に渡って引き継いで使ってほしい”

と言う事を1つの目標としています。とは言いましても、モノですから長い歳月の間に不慮の事故で大きく曲がってしまった、などという事はあるでしょう。しかしそういった場合でもご自分で曲げ直す修理をする事で、若干の歪みや変形があったとしても、その先も「目的である機能を損なうことなく使い続ける事」は充分に可能である、と言うようなシンプルな構造としています。また、万が一部材の1つを完全破損または紛失してしまった場合のために、全ての部材の個別提供もしております。

→ Single Parts Order

Proper Maintenance

Iron Fire Pit は文字通り ” 鉄製 ” です。現代では「鉄は錆びるからステンレス製の方が良い」と揶揄されがちですが、素の鉄とは言え、2.3mmの厚みの鉄板を自然劣化で朽ち果てさせるには、相当劣悪な環境と長い時間が必要となります。塗装&メンテナンスがなされているとは言え30年前の鉄製である車や飛行機や船が当然のように現在も使用されていることを振り返れば当然かもしれません。この Iron Fire Pit も、簡単なメンテナンスを適切に施してあげる事で、錆や汚れなどの劣化からも充分に守ることが出来ます。とはいえ、使用に伴う傷や染み、歪みなどは、どうしても生じてしまいます。しかしそれは時と共にビンテージ感を伴った ” 味 ” となり、独特の雰囲気をまとった逸品となっていくことでしょう。是非ともステンレス愛好家の方々にも ” 鉄本来の良さ ” を知ってもらいたい、そう切に願っております。

→ How to Maintenance & Repair

BASIC POLICY:

  • What is the Best maintenance
  • Long term usage
  • Knowing the Excellent point of iron